トップ > 主要事業 > IT観光ガイドシステム > 観光ガイドシステム

観光ガイドシステムについて
ITガイドシステムとは

ITガイドシステム推進協議が、集客と交流をテーマにITを戦略的に活用し、地域振興・観光振興に貢献するガイドシステムと魅力的なコンテンツの研究開発を目的とした事業として推進しているのが、「IT観光ガイドシステム」です。

観光振興の重要性

地域活性化のキーワードの一つである「観光振興」については、小泉総理をヘッドに観光立国懇談会が設置されているのを始め、ビジットジャパン構想が進められている等国を挙げて推進しているところであります。 まして、関西は国宝・重要文化財の半数以上が集積する「歴史文化の宝庫」であることを考えると、関西における観光振興は特に重要と考えられます。 そこで、ITガイドシステム推進協議会は、経済産業省関係日本自転車振興会補助金による「IT観光ガイドシステム」のプロトタイプの開発とモデル地域における実証実験を実施しました。

「ITガイドシステム」プロトタイプシステムの概要

1)プロトタイプシステムの概要

地域の活性化を図るための新しい試みとして、最新のIT技術を応用した次世代の観光ガイドシステムのあり方を探る為、プロトタイプシステムを構築、その実証実験の結果の分析を行い、今後の方向性及び課題等を導き出すこととしました。具体的には、第3世代携帯電話の持つ諸機能(ホームページを読む機能(インターネット)、QRコード(2次元バーコード)読みとり機能、写真撮影・保存機能、GPS機能(現在地確認機能)、ウォーキングナビゲーション機能)を利用し、地域の名所旧跡、公共展示施設、イベント等について位置情報とともに、テキストデータ・映像データを含む関連データを収納する専用データベースシステムを構築しました。

< 図1 「IT観光ガイドシステム」プロトタイプの構成 >
図1

2)コンテンツの中身と「QRコード付き観光パンフレット」の作成

今回の実証実験の舞台としては、大阪市に協力をいただいて市内に3つのウォーキングコースを設定しました。整備するコンテンツの基本として、市内の観光ポイント情報を集積し、コース別、カテゴリ別、エリア別の3つの方法で観光客を案内(ガイド)する形を取りました。付加情報として、各観光ポイントの階層には詳細情報を付加し、その中の展示品、資料、関連する情報を「もっと知りたい」というリンクで紹介しました。さらに、地域のショップ(飲食等の店舗)情報を付加し、各観光ポイント、あるいは現在地から一定範囲(500m四方)のショップ情報をGPS情報をもとに検索・表示できるようにしました。
また、関連ツールとして、「QRコード付きパンフレット」の作成を行い、QRコードを適所に配置して、対応する携帯向けインターネットサイトの情報に直接アクセスできるようにしました。写真を豊富に使い、観光ポイントを視覚的に紹介しています。また観光地の地理的なイメージが捉えやすいように、大まかな地図と鉄道の路線図を掲載しました。

< 図2 「QRコード付きパンフレット」と携帯電話の繋がり> (クリックで拡大表示)
図2

認証実験の概要

実証実験は、下記概要の通り実施されました。

●実施年月日:2004年11月12日(金)〜11月14日(日)の3日間
●参加者:募集した実験モニター21組41名(20歳から68歳までの男女)
●用意したコンテンツ(用意したコース)
・大阪ぐるっとコース1
大阪くらしの今昔館→大阪歴史博物館→天王寺エリア→道頓堀界隈→集合場所
・大阪ぐるっとコース2
大阪くらしの今昔館→空堀エリア→新世界エリア→道頓堀・千日前エリア→集合場所
・大阪ぐるっとコース3
大阪くらしの今昔館→天神橋筋商店街→堀川戎神社→大阪天満宮→鶴橋→四天王寺→今宮戎神社→道頓堀・千日前エリア→集合場所
●エリア:道頓堀・千日前、天満・扇町、大阪城周辺、鶴橋、新世界、ベイエリア、梅田・福島、中之島、谷町、天王寺
●観光情報ポイント:計67箇所
●サブ情報:大阪くらしの今昔館4項目、天王寺34カ所、空堀「萌」地区1カ所
●ショップ情報:天神橋筋商店街、空堀地区、道頓堀を中心としたショップ情報計82カ所

主要事業主要事業

IT観光ガイド観光ガイドシステム

歴史街道

大河内観光ガイド

ICTビジネスマッチング

推奨技術紹介コーナー

主要事業実績